新規登録(中古車普通、小型自動車)確認フォーム

■ お手数ですが各種記入と該当する選択肢へチェックの上、送信してください。
ご確認ください 以下のメッセージをご確認ください。
    _%error_mes%_

印の項目は入力必須になります。もれなくご入力下さい。

お名前
フリガナ
ご住所
メールアドレス
メールアドレス確認用
電話番号

1 今回登録する自動車の取得原因はどれですか?
売買
贈与
相続
 所有権留保解除
 その他
 
2 今回登録する自動車の今後の用途区分はどれですか?
営業用
自家用
3 今回登録する自動車の今後の所有形態はどれですか?
自己所有
所有権留保
商品車
 リース車
 譲渡担保
 その他
 
4 車名を入力してください。
           

「車名」は、車検証、譲渡証明書等の「車名」欄に書かれています。
例;トヨタ、ニッサン、ホンダ、フェラーリ等
          
5 型式を入力して下さい。
           

「型式」は、車検証、譲渡証明書等の「型式」欄に書かれています。
例;GF-ER34
          
6 車台番号を入力して下さい。
           

「車台番号」は、車検証、譲渡証明書等の「車台番号」欄に書かれています。
例;ER34-123456

7 初年度登録年月日を記入して下さい。
(初年度登録年月日は車検証に書かれています。)            

 例 平成  22年  4月 22日
年 

8 類別区分番号を記入して下さい。
(類別区分番号は車検証に書かれています。)            



9 登録識別情報等通知書又は一時抹消登録証明書は所持していますか?
所持している
所持していない
         

10 発行後3ヶ月以内の予備検査証は所持していますか?
所持している
発行又は検査の年月日年  日 

所持していない
 
  
11 登録識別情報等通知書(一時抹消証明書)に記載されている所有者と新規登録者は同じですか?        



異なる場合一時抹消時の所有者から新規登録者への名義変更として譲渡証明書が必要になります。
   
同じ
異なる

12
所有者様と使用者様の異同
住民票上の住所・所在地と車使用の本拠地の異同
A〜Dのどれに当てはまるか選択して下さい。
住所・所在地と使用の本拠が異なるとは例;

・東京に住民票がある個人(=東京が住所)が、 単身赴任先の横浜で使う車(=横浜が使用の本拠)。

・東京に本社がある法人(=東京が所在地)が、 横浜支社で使う車(=横浜が使用の本拠)。

A(所有者と使用者は同じ、所有者の住民票上の住所と自動車使用の本拠は同じ)

 B(所有者と使用者は同じ、所有者の住民票上の住所と自動車使用の本拠は異なる)

C(所有者と使用者は異なる、使用者の住民票上の住所と自動車使用の本拠は同じ)

 D(所有者と使用者は異なる、使用者の住民票上の住所と自動車使用の本拠は異なる)

13
B、Dを選択した住民票上の住所・所在地と自動車使用の本拠地が異なる所有者様,使用者様は自動車使用本拠の位置を記入して下さい。

「自動車使用本拠の位置」とは、通常、個人の場合は自動車を使用する現住所、法人の場合は事務所・営業所等の所在地です。
           


例;松本市平田1丁目32番20号
 

14 自動車損害賠償責任保険証明書の残りの保険期間が交付を受ける自動車検査証の有効期間を超える期間になっていますか?

はい
いいえ
確認項目の内容でわからいことがあれば問い合わせ下さい。

_%copyright%_